お知らせ お知らせ

動物たちが息づく
おとぎの国へようこそ!
…あなたは魔法にかかり
楽しいメルヘンの
世界へと
迷い込む
ことでしょう。

はじめまして。このたび2022年5月に茨木市総持寺で「みやざきちびっこ診療所」を開院することになりました宮崎敬士 (みやざき ひろし)と申します。

茨木市総持寺はJR総持寺駅開業 (2018年3月) 、イオンタウン茨木太田 (2021年3月) 、茨木ICO CITY(2021年3月)などの商・住・学・医の大規模複合開発が進んでおり、活気づいている元気な街です。周辺には小・中学校・高等学校・大学も充実し、子育てするにはとても環境の良い地域です。

お子さんののびのびとした成長と健康をママやパパとともにサポートしていきたいと思います。
お子さんがかぜをひくのはもちろんのこと、一緒に暮らしており、お子さんの看病をするママやパパもかぜをひくことも多々あるでしょう。小さなお子さんを連れて、小児科を受診してからさらに内科を受診するのって大変ですよね。家族みんなで健康を保ち笑顔でいられるように当院ではお子さんの診療のみでなく、ご希望があれば付き添いで来られたご家族のかぜも一緒に診療いたします。

当院のこだわりとしては「診療所らしくない診療所」「テーマパークのような診療所」「こどもが元気になり、また来たくなる診療所」をコンセプトに診療所によくありがちな“白い”内装イメージの払拭に力を注ぎました。
「白い壁に木目の床や扉」は一見おしゃれで温かみと清潔感があるように感じますが、大人はそれでよいでしょう。しかし、当院の主役はやはり「子ども」です。「白い壁に木目の床や扉」はお子さんにとっては不安や恐怖の対象になることがしばしばあり、何よりもそのようなシンプルな内装では病気の子は元気を出せません!
自然と動物をモチーフに「家族」をテーマにした、いるだけで楽しく元気になれる童話の世界をぜひご覧ください。

私は大学病院・市中病院に勤務していた頃には、小児消化器肝臓病を専門とし、他に感染症・腎泌尿器疾患・夜尿症・内分泌疾患・自己免疫疾患・心身症など幅広く一般小児診療の経験を重ね、研鑽を積んでまいりました。自分が持つすべて知識・技術を地域の皆様に還元し、健やかな暮らしの援助をしていきたいと思います。

既にお住いのご家族に加えて小さいお子さんをもつ子育て世代のご夫婦など、今後さらに多くの人々が集まってくるこの地域で皆様のご健康を守り、子育ての一役を担い、地域医療に貢献していければ幸いです。お子さんに関してのお悩みやお困りのことがあればお気軽にご相談ください。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

2022年5月吉日 院長 宮崎敬士

宮崎 敬士 みやざき ひろし

2002年
大阪医科大学(現 大阪医科薬科大学) 医学部卒業。同大学小児科 入局。
2003年
済生会吹田病院小児科 研修医。
2004年
大阪医科大学附属病院小児科 医員。同大学大学院医学研究科 入学。
2007年
済生会茨木病院小児科 医員。大阪医科大学附属病院小児科 医員。
2008年
大阪労災病院小児科 医員。大阪医科大学大学院 卒業。
2018年
大阪労災病院小児科 副部長。
2020年
生駒市立病院小児科 主任部長。
2022年
みやざきちびっこ診療所 開院。

  • 日本小児科学会専門医・指導医
  • 日本小児栄養消化器肝臓学会認定医
  • エピペン、シダキュア、ミティキュア処方資格医
  • 医学博士
  • 2級労務士

  • 日本小児科学会
  • 日本小児腎臓病学会
  • 日本感染症学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本小児IBD 研究会
  • 日本小児消化器感染症研究会
  • 日本小児肝臓研究会