お知らせ お知らせ

消化器疾患

胃食道逆流症 Gastroesophageal reflux disease

胃食道逆流症とは

胃食道逆流は胃内容物の食道への逆流でであり、乳児では健常児にも多くみられる生理現象です。胃食道逆流症は、胃食道逆流により生じる胸やけ、反芻運動(口への逆流物をモグモグしてまた飲み込む行為)、ゼロゼロ、せきなどの不快な症状や、食道炎・反復性肺炎・貧血・体重増加不良・無呼吸発作などを伴うものを指します。

胃食道逆流症の症状

くり返す溢乳や嘔吐、反芻運動、胸やけ・胸痛、吐血、ゼロゼロ(喘鳴)、せき、声枯れ、体重増加不良、嚥下障害、乳児のイライラなど

胃食道逆流症の原因

主な病因は下部食道括約筋の機能異常です。その他、胃内容の貯留・停滞、食道クリアランスの異常、ミルクアレルギー、全身疾患など複数の要因が関連しています。

 

胃食道逆流症の検査

1.腹部超音波:消化管の通過障害の有無、胃食道逆流の程度を評価します。

2.上部消化管造影:造影剤を飲ませる、または胃内に注入し胃食道逆流の頻度と程度、逆流が起きやすい体位などを調べます。

3.上部消化管内視鏡:胃食道逆流による逆流性食道炎や食道狭窄、胃炎・胃潰瘍などの器質的疾患の有無を調べます。

4.PPIチャレンジテスト:制酸薬を一定期間内服させて胃食道逆流症状が消えるかどうか、薬剤を中止した時に症状が再燃するかを調べます。

5.24時間インピーダンスpHモニタリング:食道内にセンサーを留置し、インピーダンス(電流の流れにくさ)の変化により液体、固体、気体の動きを測定する検査。酸性・非酸性の胃内容物の食道への逆流が判別できる。

胃食道逆流症の治療

1.トロメリン®顆粒:とろみ調整食品。母乳・ミルクにとろみをつけることで逆流を起こしにくくします。

2.制酸薬:H2受容体拮抗薬、プロトンポンプ阻害薬。胃液の酸性度を抑えて食道の粘膜傷害を軽減します。

3.消化管運動改善薬:消化管の蠕動を亢進させて逆流を緩和します。

4.六君子湯:胃の蠕動を亢進させ、胃内容物を十二指腸へ輸送し、逆流を軽減します。

先生からのひとこと

赤ちゃんは胃と食道のつなぎ目の筋肉が発達していないため容易に吐きます。胃食道逆流は赤ちゃんの生理現象です。但し、逆流の程度が強く体に傷害をきたすようであれば病気として治療を要します。下部食道括約筋が発達し、食事が固形物に変わる離乳時期~1歳までには自然治癒することが多いです。