お知らせ お知らせ

感染症

単純ヘルペスウイルス感染症 Herpes simplex virus infection

単純ヘルペスウイルス感染症とは

単純ヘルペスウイルス(HSV)には一般的に口唇や顔面に感染する単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)と、腰より下の性器などに感染する2型(HSV-2)の2種類があります。
初感染後、神経内に潜伏感染し再活性化を起こします。こどもでは皮膚粘膜感染が多いです。

単純ヘルペスウイルス感染症の症状

1.歯肉口内炎
発熱に伴い歯茎が腫れて出血します。口の中が血まみれになるので驚かれるお母さんもいます。口の中の痛みで飲食ができなくなると脱水症となり入院治療が必要になることがあります。

2.口唇ヘルペス
くちびるの両端(口角)に痛みを伴う水疱やひび割れができます。口角がひきつれて口が開けにくくなり、ひび割れが裂けて出血します。気になって患部を触りすぎたり、指しゃぶりで指に感染しヘルペス瘭疽(指先が赤く腫れて、水疱・膿疱ができ強く痛む)が起きることもある。

 

3.カポジ水痘様発疹症
アトピー性皮膚炎の患者に顔・首・おしりなどに水疱を伴う皮疹が多発し、膿疱・びらん・かさぶたなどの皮膚症状が混在します。皮膚はピリピリとした痛みを生じます。発熱、A群β溶連菌や黄色ブドウ球菌などの二次細菌感染を起こすこともあります。

 

単純ヘルペスウイルス感染症の原因

こどもで多いのは単純ヘルペスウイルス1型による皮膚粘膜感染症です。

単純ヘルペスウイルス感染症の検査

見た目で診断できるので検査を行わないことが多いです。
血液検査で単純ヘルペスウイルス抗体価(HSV-1抗体)を測定することができます。

単純ヘルペスウイルス感染症の治療

抗ヘルペスウイルス薬
(1)内服薬:ゾビラックス®顆粒、アストリック®ドライシロップ、ビクロックス®シロップ
ウイルスの増殖を抑える作用があり、発症後24時間以内に投与開始しないと効果がありません。

(2)外用薬:アラセナ-A®軟膏
内服薬と同様にウイルスの増殖を抑える作用がありますが、局所投与の症状改善効果はあまり期待できません。

先生からのひとこと

疲れや免疫が低下した時に口周囲にできる水疱を伴う感染症です。約1週間以内に自然軽快することが多いです。口の中の痛みが強いと飲んだり食べたりするとしみて痛みがでるため、食べなくなって脱水症が進行します。尿量が減りぐったりするようなら早めに受診して下さい。